6.Fit-Defence-

本稿では防御力を高め、生存性を上げるためのModを説明する。が、時には逃げることも重要である。
目標方向へのAlign後、最大戦速に達しなければWarpすることが出来ない。そのため戦闘継続が困難になった時点で、あらかじめAlignしておき、残りHPが0%に近くなったらWarpすること。もし、AlignせずにWarpをすると、「回頭(とそれに伴う減速)」「加速」というプロセスを経てWarpするため、その間に撃沈される人が多い。

なお、防御Modは早めにT2化することをお勧めする。たかが数%でも生存確率に大きな影響を与えるからだ。

☆Armor Fit

Low Slotの多い艦に向いた防御方法。
NPC戦ではCapacitor管理がしやすいため、Active Tankが基本。
Armorが20%を切った時点で戦闘放棄(敵のDPSがRepairより高く立て直しが困難)。Armorを抜かれればHullしか残っておらず、離脱準備が遅れると一気に撃沈されることもある0。

☆Shield Fit
Mid Slotが多い艦に向いた防御方法。
NPC戦ではCapacitor管理が難しいため、Passive Tankが好まれる傾向にある。
Shieldが30%を割った時点(30%付近が一番回復量が大きいため)で、戦闘続行が困難。離脱準備をすすめること。まだ、Armor・Hullが残っているが紙装甲。油断をするとあっさり沈む。

☆Hybrid Fit(適当な造語です)
初心者さんのFitで時折見かけるFit。Armor・Shield双方の防御Modを満載してる。
一見強そうに思うかもしれないが、全力で戦うことが出来ない(Shield時はLow Slot、Armor時はMid Slotが死んでいる)ため、あっという間に沈む。DPSも出ない、Capacitorも足りない、Defnceも脆い。前回で上げた3要素(Defence、Capacitor、DPS)を全く満たしていない。

では、どのようにして防御力を高めるべきか、代表的な方法を解説していく。
Rig(リグ)は艦の能力を向上させるが、一度取り付けると再利用が出来ない(外すためには破壊するしか無い)ためEFTなどのツールとよく相談をして購入、装着すること。Modと異なりSizeが違うと装備できないことも注意。高級艦でも無い限りT1で十分である。

万能なFitと言うのは存在しない。あるのは特性の違いのみ。
適切な戦術を選択し、鉄の獅子となるか、またはただの棺桶に成り下がるかはPilot次第だ。

1. HPを回復させる

★Active tank(Armor・Shield)
アクティブタンク。Capacitorを消費してHPを回復するFit。一定サイクルごとに多くのHPを回復できるが、Capacitor消費、Power Grid占有が大きいという欠点を持つ。

Armor

  • Armor Repairer : Fitによっては2基装備(Dual Rep)することが可能。

Shield

  • Shield Booster : Capacitor消費が激しいので使用するときは注意が必要。
  • Ancillary Shield Booster : 機能はShield Boosterと同じだが、乾電池を使用する。Capacitor消費が0になるが、乾電池が高額なためPvEで使用すると赤字になりやすい。乾電池を刺さないと普通にCapacitorを消費する。
  • Shield Boost Amplifer : Shield Boosterの回復量を増強するMod。

Armor Rig

  • Auxiliary Nano Pump : Armor Repairerの修復量を増加。
  • Nanobot Accelerator : Armor Repairerの起動間隔を短縮。反面Capacitor消費サイクルも早くなるため注意。

★Passive Tank(Shield)
パッシブタンク。自然回復するShieldの特性を利用して、自然回復能力を高めて生存性を上げるFit。自然回復量だけではなく、HPを高めることも有効。当然のことではあるが自然回復しないArmorでは不可能。
なお、厳密には「Shield Recharge Timeが減少」することによって自然回復量が増加しているが、分かりやすさを優先して単に「自然回復量が増加」と記述する。

Shield

  • Shield Recharger : Shieldの自然回復量が増加。
  • Shield Power Relay : Capacitorのチャージ量が減少する
  • Shield Flux Coil : ShiledのHPが減少する
  • Power Diagnostic System : 若干Shield自然回復量が増加。外にも様々な能力が微増する。

Shield Rig

  • Core Defence Field Purger : Shieldの自然回復量増加。Signature radiusの増加というデメリットもある。

※ Signature radius : センサー上の大きさ。これが大きいと攻撃が当たりやすくなってしまう。

 

2.HPを高める

HPを高めることにより、敵の攻撃に耐える方法(Buffer Tank)。敵の数が多く長時間の戦闘を強いられるソロPvE、Armor Fitの場合は必ずしも有効な手段ではない。ただし、Shield Fitの場合には最大HPを高めるとShieldの自然回復にも好影響を与えまるので、有効な手段(Passive Tank)である。
Logistics艦の援護があるときやPvPでは、Bufferが欲しい時もあるので覚えておこう。

Armor

  • Armor Plates : 増加装甲。重いので速度が低下します。PvEでの需要は多くない。

Shield

  • Shield Extender : Shield HPを高める。デメリットは特に無し。
  • Power Diagnostic System : 若干Shield HPが増加。効果は小さいものの様々なステータスに好影響を与える。

Armor Rig

  • Trimark Armor Pump : Armor HPを増加。やっぱり重いので速度が低下する。

Shield Rig

  • Core Defence Field Extender : Shield HP増加。Signature radiusの増加というデメリットもある。

 

3. Resistance
どんなにHPが高くても、回復量が多くでもResistanceがなければ紙装甲。Defenceの最重要項目といっても良い。敵の攻撃属性にあわせて70%以上あると安心して戦闘が行える。
なお、4属性全てを記述してくのは面倒なので○○と書いたら、そこには属性が入るものと思って欲しい。

Armor・Shield

  • Damage Control :全ての艦船のお友達。 Armor、Shield、HullのResistanceを高めるMod。使用電力も少なく、初心者なら積んでおけば間違いはない。これを装備していたがために助かったという事例も数知れず。

Armor

  • Armor ○○ Hardener : Capacitorを使用してResistanceを高める。高価大。
  • Energized ○○ Plating : Capacitorを使用せずResistanceを高める。効果中。全属性のものもある。
  • Resistance Plating : Capacitorを使用せずResistanceを高める。効果小。Energized ○○ Platingの下位互換。

Shield

  • EM Ward Field、○○ Dissipation Field : Capacitorを使用してResistanceを高める。高価大。全属性有。
  • ○○ Deflection Amplifier : Capacitorを使用せずResistanceを高める。効果中。

Armor Rig

  • Anti ○○ Pump : Resistanceを強化。速度低下のデメリット有。

Shield Rig

  • Anati ○○ Screen Reinforcer : Resistanceを強化。ただしSignature radiusも増加。

 

4. Stacking Penalty
特定のModは複数個装備すると、その効果にペナルティが発生する。何事も程々なのが一番である。たくさんのModをつければ強くなる、というわけでもないので気をつけよう。詳しくはJP wikiを参照して欲しい。

 

次回はCapacitor関連の解説を行います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply