大艦巨砲主義は男のロマン

今回は航海日誌とは全くの別物である。EVE宇宙における兵器の考察。いわゆるSF考察である

1400mmアーティラリー -大艦巨砲主義もここに極まれり-
戦艦大和が46cm砲であったから、ミリメートルに直すと460mm。ミディアムオートキャノンが425mmであるからほぼ同じ大きさである。大和の乗員は46センチ砲の射撃で鼓膜が破れると言うほどであったからゲームの音は極めてしょぼい。また2秒間に1発撃つと言う神業もゲームならではである。ハリケーン425mm砲6門に対し大和は3連砲塔3基の9門で有ったから単純に大和が宇宙に飛んでいるならハリケーンより大和の方が強い訳だ。しかしながらハリケーンはゲーム上ではバトルクルーザー級、まだこの上に戦艦級がある。現実世界では大艦巨砲主義には進まずミサイル艦、対ミサイル艦、空母が幅をきかせ大砲を撃つ位ならミサイルか攻撃機を飛ばして爆撃をする形になった。

有史以来使用されたもっとも大きな大砲は80cm列車砲である
車に乗せることもできずあまりのでかさに列車に大砲を運ばせるというとてつもない兵器
http://ja.wikipedia.org/wiki/80cm%E5%88%97%E8%BB%8A%E7%A0%B2
詳しくはウィキペディアを見て欲しいのだが、これぞロマンである。厨二心をくすぐられてしまう一品だ
1時間の発射数は3,4発。砲弾の装填に列車が必要であったというのが笑わせてくれる

列車砲の弾の緒元をみると
口径800mm 榴弾
重量: 4.8 t (4,800 kg)
初速: 820 m/s
最大射程: 48 km
爆薬重量: 700 kg
クレーターサイズ: 幅10m、深さ10m
こう書いてある

これを元に1400mmアーティラリーの弾を推測してみる。
口径1400mm 榴弾
重量: 8.4 t (8,400 kg)
初速: 820 m/s
最大射程: 星の重力圏に巻き込まれて落ちるまで
爆薬重量: 1225 kg
クレーターサイズ: 幅17.5m、深さ17.5m
単純にかけ算しただけである

ふむ。ずいぶんな大きさになった物だな。カーゴに10000発入れておこう物なら84000トンもの重さだ。火薬も足すなら更に12250トン。砲弾の重さと火薬量との比率が同じであるなら速度もだいたい同じなのであろう。真空中を飛ぶのであるから初速が少し早まるはずではあるがめんどうだ。ちなみに弾が鉄とするならば比重が7.85なので84000トンから体積が10,700立米。ウランならば4,421立米。比重計算ってこうだっけかな。自信が無い。とにかくでっかいのだ

1400mmといえば小柄な女性ほどの大きさだ。直径が1400mmならば80cm砲の画像から推測するとおそらく長さは4倍程度の5600mm位なのであろう。平屋建て1件屋の屋根当たりまで届くであろうか。そんな大きさの物がマッハ2で飛んでいくのだ。大抵の物はミンチになるのが容易に想像出来る。さてここでふと違和感を覚えた方もいるかもしれない。そう、大砲は目標に当たるまでに時間が掛かるのだ。物体を飛ばすレールガンでも同じ事が言える。レールガンは実用化している段階であり、まだまだ先のことではあるが大砲よりは初速が早い。これはまた機会があれば。

そう大砲の初速は遅いのだ。一気に火薬が燃えると弾頭が壊れる、火薬の燃焼の圧力に耐えきれずに砲身が壊れる。その為ゆっくり火薬を燃焼させて砲身から飛び出すまで徐々に加速をさせる必要があるのだ。一瞬の間のことにゆっくりとかおかしな話かも知れないがゆっくり燃焼なのだ。爆発させたいならプラスティック爆弾にでもすればいいのであるが無理な話なのである。
そして飛び出した弾頭は820m/s。MWDを炊いたハリケーンにも追いつかないという遅さだ
100km離れた物を撃つには当たるまでに121秒必要である。
うそだろ・・・とお思いかも知れない。しかし46センチ砲のウィキペディアを読んで頂きたい。ここに46センチ砲で30kmの射撃を行うと着弾まで50秒だと書かれている。重力のある地球上で大砲を撃つと発射後山なりに砲弾が飛び50秒後に30km先に落ちるのだ。46センチ砲の初速が780m/sとあるからやはり相当時間が掛かるものなのだ

こちらを見て頂きたい。湾岸戦争時の有名な動画だ。曳光弾というもので弾道が分かりやすくなるようにしている物である。うんちくはどうでも良いが弾の速度は目に見える物だとおわかりいただけるだろう。弾は実際にはこのような速度で飛んでいく。

想像して頂きたい。長さ5.6メートル幅1.4メートルの物が820m/sで飛んでいく様を
こちらに向かっているのなら見えないだろうが距離を取っているなら目で追える位の速度なのである。しかもでかい
ゲーム上で100kmも離れているならば発射してからでも避けられるはずなのだ。ディスカバリーチャンネルか何かで缶詰の直径があればレーダーに写ると聞いたことがある。1.4メートルの物が避けられないはずは無いのだ。
100km先の相手に撃つなら本当は120秒後なんだなあ。10km先なら12秒後に当たって居るんだなあと想像しながら楽しむEVEもありだろう。

しかしながら全く箸にも掛からないような事を書いてしまった物だ。我ながらアホだな。恥ずかしい。私の黒歴史ノートに書き加わることになりそうだ。特に何が言いたいということも無いが、まとめないと行けないな・・・そうだな・・・
大砲にはロマンが詰まっている!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply