ONI社の長い一日

gantzです。最近は黄色いファージAlly相手に特攻したり新乗艦Vigilantでアノマリ攻略したりしています。

Nullもだいぶ慣れてきて既に敵性の一人や二人ではなんの動揺も無くPvP艦にリシップして出撃が癖になってきました。Nullの経験値の貯まり方は怖いですね。

相変わらず1on1の経験はなく、機会があれば仕掛けてみたいと思っていますが、NullはsoloPvPの機会が少ないのがネックです。

12/12/9 ONI社の長い一日

今日はJST12:15からのCTAに参加。いつもの場所に集合し、Drakeで参加した。なんとフリートは満員。256人+別動CVFleet百数十人の豪華な祭りである。
3回のJBを経由し、JAWX-Rに到着。その前の数システムにはバブルを厳重に設置。
自分は退路を自ら断っているようにしか見えなかったが、どうやら敵の進行を遅らせるor敵を逃がさない為であるらしい。個人的には逃げられないからマジやめて欲しい。

JAWX-R、B-2VXBgate前でCV陣はセントリーを遠方に設置。どうやらgatet至近での戦闘を想定しているらしい。
200人超のFleetがgateをOrbitする。gateは10kmOrbitをしていても時折味方と衝突するような混雑さとなった。

ちらほらとローカルに敵性が増え、自分たちのgateにも姿を表わすようになって来た頃。自分は昼飯を食べていないので腹が減っていた。
ほどなく味方のArmor tanked Heavy Assault Cruiser艦隊(AHAC)、通称Golden Phalanx(LegionとかZealotとか金色の船が多い)が到着し、いよいよシステムが悲鳴を上げ始める頃、敵がスパイクする。
ローカルは最大800人を超え、一気に遅延時間が伸び、時間が遅く進む中、TSではFCがプライマリを次々と指定していく。
自分は指定どおりにMaelstrom、Rokhからなる敵Fleetを落としていく。時々なんかよくわからなくなったのでPOD撃ったりもした。
そしてこちらのFleetも次々と落ちているらしく、PODが大量生産される。
もちろん自分たちで張ったバブルのために逃げられない。これは死んだな、うん。と殺されていく味方を見ながら覚悟した。
結局Drakeの低DPS故、最後のあたりまで生き延びつつチマチマKillを重ねていた。結局最後には撤退指示を聞いておらず、逃げ遅れてDrakeは撃破される。
奇跡的にPODKillは回避できた。バブル外までMWDで連れて行ってくれたDrakeに感謝。

この戦闘で最初の艦船が落ちたのがEST05:25、自分が知る限り最後に艦船が落ちたのがEST06:31。1時間に及ぶの戦いの末(EVE内では数十分だったろうけど)、
戦いを制したのは味方陣営。大勝利である。昨日のCTAのの雪辱(POS内敵に「ねえどんな気持ち?POS内に敵入ってるけどどんな気持ち?」をやられた)を晴らした形となった。

ONI社単体の損害評価は11.68B kill/0.82B Loss 実に57Kill/12lossとなった。このへんよく見方がわからないので適当である。信じてはいけない。

Related kills & losses JAWX-R
参加したONI社メンバーは全員JAWX-Rの藻屑となったが、補って余りあるKillを取れたのでまぁ良かったのではないだろうか。

その後、Ratting拠点へ帰ってくるメンバーたち。流れるようにRattingをし始める。この時にRatting拠点周辺で家主のAllyがABRtattingしてるからアノマリ行っといて!的なことを言われる。
おじゃましてる立場なのでもちろん承諾し、アノマリRattingを始める。特に書くことも無いので割愛。

DT後、飯を食べてログインすると、既にRattingFleetが立っていてそれに混ざってRattnngで今日は一日が終わるかなーっと思っていると終わらないのがONI社である。

「Local red 1」 一言で和やかな会話が戦闘一色に染め上がられる。調度良く(運悪く)Ishukurを持っていた自分がタックラーとなり、敵の追撃を始める。
F9-FUVから消えた、との報告でBNXへ飛ぶ、操作を間違えてついでにジャンプする。するとやはりBNX-ASに敵Cynabal 10km。
ヒャッハーと突撃するが動き始めた瞬間にScram、及びWebiの射程外へ逃げられる。そして長距離からScramかけてくる。

Ishukur Loss

Cynabalさん足速い。射程長い。
ここらへんの引き際を判断できないあたりがnoobなのだろう。というか贔屓目に見てもNoobIshukurであった。

Rattingを再開しようとした矢先、再び敵性がPOP。(余談だがその頃WHでは駐留メンバーが侵入したNoctisやらOspeyやらを狩っていたそうだ)
敵性はMyrmidon。こちらのシステムに来るときにキャンプを行い、瀕死まで持って行くが逃げられる。
その後追撃戦。PvE用艦で。さすがぶれない。結局、追いかけた先に味方のバブルが設置してあり、そこがMyrmidonの最後となった。
今日はこれで終わらなかった。進んできた方向から敵性が追っかけてくる。そのままgateにstickし、baitを送り出すと一本釣りできた。
すぐさま隣へ侵入し、敵HurricaneとDareDevil?を叩く。Hurricaneは喰えたが、もう片方は逃がしてしまった。

Hurricane Kill

JST 12/12/10 01:00のCTAに参加するべく、準備をすすめる。なんと戦艦Armageddonが推奨されるいかにも大規模になりそうなCTAにwktkしながら150MほどかけてこしらえたNagaに乗り込む。そしてT3BCはHurricaneに乗ってね!の指示。あんまりである。この時点でIshukurによるタックラー確定。悪い未来しか見えない。

眠気に耐えつつ、1時間以上の待機時間を経てTitanの元へ到着。
そこでTitanを磨きあげたあと、Titanを攻撃してみたり、TitanでBSを弾き飛ばす神々の遊びを目撃しながら帰路につく。・・・あれ?
マジでCTAは終わりらしい。どうやら参加するタイミングを逃したらしいのだが、もしかしてBaitで大勝してしまうほど敵性勢力は戦力が少なかったのだろうか。

1ヶ月くらい前の日記ですね、スイマセン。フォーラムの日記は更新しているのですがこちらは滞りがちになってしまいました。

この日記と現在ではかなり情勢が違っていますね。PvPで自分もお世話になったLXQが落ちたり、拠点の引越しがあったり。

そういうのも含めて、Nullは流動的要素が多く、ミソランナーだった頃とは違った楽しみを与えてくれます。(高いBSを買ってニヤニヤするのも勿論好きです)

あと、画像は攻撃しているのもされているのも味方です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply