FITTINGS 101

 I’m in the Rokh(本文と関係なし)

fitは自分で考えないと意味がない! などという我が国に蔓延するオリジナリティ至上主義のようなものが(仮にだけども)あるとして、まったくもってノーである。なぜか? 先達がいなければ我々はおまんまの食い方すら判らず、虫けらのように死んでいただろうからである! 現在(2013/06/03 10:00 – JST)DDoS攻撃を受け通信停止状態にあるTQ司令部からの通信を待つあいだ、この時間をfit講座の時間とする!

トローリー!

ONI社戦闘部「オ~」

まずこのfitを見てみよう!

[Merlin, Merlin 1v1 dps]

Magnetic Field Stabilizer II
Magnetic Field Stabilizer II
Overdrive Injector System II

Medium Ancillary Shield Booster, Cap Booster 50
X5 Prototype Engine Enervator
J5b Phased Prototype Warp Scrambler I
1MN Afterburner II

Light Neutron Blaster II, Caldari Navy Antimatter Charge S
Light Neutron Blaster II, Caldari Navy Antimatter Charge S
Light Neutron Blaster II, Caldari Navy Antimatter Charge S

Small Anti-EM Screen Reinforcer I
Small Ancillary Current Router I
Small Anti-Thermal Screen Reinforcer I

dps
197/w Navy Antimatter S
157/w Null S

一見するとこのMerlinのFitはすばらしいように見える!
ちょっとしたASほどのDPS、MASBによるタンク、Webによる妨害、どれをとっても一級品だが、欠点がひとつある!
それは何だ? はい、Stepkun!

Stepkun「えーと……」

(二十秒経過)

お前はクビ!
このMerlinのNull S弾使用時のOptimalは3.15km、Falloffは4.2kmである。つまり敵と4.2kmの距離で打ち合うと、DPSは157の50%、つまり78.5しか出ない! うん? 何だStepkun、何故かって? お前はクビ!
Falloffが示す数値=射程距離ではない! Falloffが示すのは、敵に弾が当たる「確率」である!(正確には違うんだが、まあそんなかんじで覚えとけ!)
Falloffが示す距離から弾を撃ったとき、敵に直撃する確率は50%である! つまり、

(Falloff)x 2 = 0% Efficiency

(Falloff) x 0.5 = 100% Efficiency

である!
つまりこのMerlinは8km離れただけで10くらいしかDPSを出せないミジンコ船になるのだ!
さらに実戦ではこの数値にトラッキング等々の補正がかかり、実効DPSはより低くなる!

agurina「なら先生、弾を変えればいいんじゃないでしょうか? もっと飛距離の出るやつにすればいいと思います!」

ウム、いい意見だagurina! カリフォルニアに俺を呼んでロブスターを食わせてくれてもいいぞ!
しかしagurina、おまえには勉強が足りないようだ! Null Sは、最もFalloffの長いブラスター用の弾丸であり、このfitにおける射程はこれ以上望めない! つまり限界値である!

Physis「でも先生、4.2kmしかfalloffがないことがなぜ問題なのですか?」

ウム、いい質問だPhysis! Tamaに来てセンブーガン詰みのTornadoでキャンプしていいぞ!
4.2kmしかfalloffがないことは、非常にキビしい問題である! まず、Merlinは身軽ではない! ABを炊いた状態で1144m/s、燃やしても1497m/sである! これは戦闘用のT1FGの中でもっとも駿足であるSlasher(1367m/s w/AB, 1781m/s w/heat)と比べると差は歴然である!
もし敵が自分よりも素早く、5km~8kmの射程から撃ってくるような場合、いいようにレンジコントロールされ、一発も敵にダメージを与えることすらなく沈む可能性すらある!
ではどうすればいいのか! 以下のfitを見たまえ!

[Merlin, 1v1 standard]

Magnetic Field Stabilizer II
Tracking Enhancer II
Internal Force Field Array I

Medium Ancillary Shield Booster, Cap Booster 50
X5 Prototype Engine Enervator
J5b Phased Prototype Warp Scrambler I
1MN Afterburner II

Light Neutron Blaster II, Caldari Navy Antimatter Charge S
Light Neutron Blaster II, Caldari Navy Antimatter Charge S
Light Neutron Blaster II, Caldari Navy Antimatter Charge S

Small Anti-EM Screen Reinforcer I
Small Ancillary Current Router I
Small Anti-Thermal Screen Reinforcer I

dps
165 w/Navy Antimatter S
131 w/Null S

変更点はふたつ! LowのMFS、ODを外し、Tracking Enhancer IIとmeta4ダメコンを装備した! これによりNull S使用時のOptimalは3.62km、Falloffは5.46kmにまで上昇する! つまり、Scramblerの射程である8kmでのDPSは約25%、つまり32.75である! TEなしのfitで8km離れると実効dps10以下になることを考えると、よりオールレンジな戦いが可能であるということだ!
ん? なんだってStepkun?

Stepkun「そんなちんけなDPSで何が出来るんですかぁ?コンドール乗りましょうよぉ~(笑)」

お前はクビだ!(怒怒怒)

そもそもBlasterの弱点は飛距離である! 本来のDPSを発揮するのは500~1500というじつに狭い範囲のみである! さらにこの距離になるとTransversal Velocity(相対横断速度、詳しくはコチラのサイトさまを拝読せよ!)が大きくなり、トラッキング能力の低いNeutronではますます不利になる!
高いDPSは魅力かもしれない。しかしそもそもDPSとは、「自分と敵の船が静止し、その距離がOptimal Rangeと1mの誤差もなく同じで、属性抵抗値(Resist)が0%の場合の数値」というありえないものであることを意識せよ! 実際のDPSは、距離、相対横断速度、属性抵抗値、シグネチャ半径によって影響され、決定される!

以上のことをふまえてこのヴィデオを見てみよう!
操船しているのは私で、敵方はおそらくRailgun FitのMerlinである!

このヴィデオはいかに距離が重要であるかを示している! とくにFGの戦いにおいては、1kmの差が非常な差であることがわかるだろう! Railgun Fitの敵はまっすぐ私から逃げていて、Transversal Velocityはほぼゼロに近い! 重要なのは距離だけだが、私のMerlinが撃っているのはNavy Antimatter Sであり、Falloffは3.9kmである! 6000mではほとんど命中せず、5000m程度からかろうじて当たり始めているのがわかるだろう! 3500mまで詰めたところでは確実に当たっているが、それまでにシールドを削られ、離脱を余儀なくされた! 敵が一方向に向かって進んでいたため、私は反転するだけでよかったが、仮に敵の足が私よりも早ければ、危なかったかも知れない!

この講義で諸君が知るべきことは、己の武装の特性である! 197dpsのfitもまた、使いこなすことができれば強力な武器になる! 自分の射程距離が3kmにも満たないことを承知していれば、おのずと操船もそれに応じたものになる! バトルクリニックでfitを掘り当てるもよし、また自分で組むも良しだが、そこに意匠を見いだして操らねば、すべては無意味である!

以上! 解散!

起立! 礼!

ONI社戦闘部「ウィ~」「だり~」「めんどくせ~」

(怒怒怒)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply