RED ALLIANCE CEO UPDATE
Eve News 24 より – RED ALLIANCE CEO UPDATE
By Jeremiah Hakoke | Jul 25th 2013 12:38PM
(原文はこちら)


今年の初めに僕らの視界から消えて以来、Red Alliance に関する話は何も入って来なかった。彼らはゆっくりと、だけど確実に sov を失っている。彼らの sov は 14に、outpost は 6 にまで減っているが、彼らのメンバーの数はまったく減っていない。数日前、CEO ミーティングが開催された。

 

Red Alliance CEO Update

2013年7月21日、CEO ミーティングにて、僕らは現在の状況を鑑みた、アライアンスのこれからの今後の方針について議論した。僕は、現在のアライアンス内外の状況について明らかにしたい。

みんなも知っての通り、N3 は Goons に対する攻勢が失敗に終わり drone region に戻った。彼らの公式見解は “N3 の sov にちょっかいを出している Solar Fleet を片付けるため” だけどね。N3 と PL が東部に戻ったことにより、Solar Fleet によって奪われた sov を取り戻すことに成功した。

一方で、X.I.X.DSP は N3 のサポートを感じ、えーっと、おむつを変えて(*1)Insmother にある僕らのシステムを攻撃した。彼らの動機は単純だ。X.I.X. は N3 での自分たちの地位を向上させたいんだ。それで、彼らは自分たちの強さを見せ、自分たちがいろいろと要求するに値する存在だと証明しようとしている。彼らは大きく、存在感のあるグループの一部になりたんだ。DSP は単に欲に突き動かされているにすぎない。なんでもかんでも手に入れ、利益を生むために。

今日、僕らはステーションシステム O-9G5Y を X.I.X. の攻撃によって失った。 また、5M2-KPKD-KPR にある iHub も DSP によって reinforce に入れられた。ついでに、僕らの2つの R64 月資源のための POS も破壊されてしまった。

http://coalition.redalliance.info/battle/r120188/
http://kb.darkspawn.net/?a=kill_related&kll_id=82042

僕らは非常にすぐれた部隊に対して抵抗することはできない。よって、Insmother を諦めることにした。つまり、僕らは Cyno Jammer が有効になっている POS 周辺で敵を捕まえることを試み、bomber によって攻撃するにとどめるということだ。防衛用のフリートは編成しない。そんなことをしても意味がないからね。

僕らの味方 Gorgon Empire は、FC である Greg を失った。彼は FC を辞め、リアルを優先させることにしたんだ。よって、ロシア語を話せる FC は Evil Arx 一人だけになってしまった。それと、US TZ だけど、Roweena Azur だけだ。彼らのフリートを最優先しよう。Doger は結婚のために一時的に活動を休止している(ハネムーンとかその他もろもろのためにね)。
僕らはまだ Gorgon の連中とは友好関係にある。彼らを僕らのフリートに招待し、彼らの作戦の支援をしよう。

以下は、僕らの直近のプランだ。

  1. ついに、僕らは Insmother をあきらめることにした。負担でしかなかったからだ。僕らは DSP が奪うと思ってたんだ。なぜなら、彼らは一週間後にストラクチャーを reinforce に入れると脅してきたからね。だから、面白い戦闘ができるかなと思ってたんだけどね。
  2. 引き続き Scalding Pass で月を確保しリージョン内に僕らの縄張りを作る作戦を継続する。よって、各CTAの優先事項は他のアライアンスの POS を破壊し、僕らの POS を守ることだ。それぞれのPOSは XX9 からキャピタルジャンプの範囲内(ゲートジャンプを使っても 5 – 8 ジャンプ)にあるので、難しくはないだろう。
  3. 夏の終わりになるまで、これといった行動は起こさない。何か僕らに関係する特別なことが起こらない限りはね。
  4. DSP のケアベア達やその他の N3 のペット達へのテロを再び始める。Black Ops portal を使ってだ。covert cyno を炊き、船をドロップする。いつも通りに。専用のチャンネルやフォーラムスレッドも作る。これは楽しくなるよ。ケアベア達はうさぎみたいに繁殖してるからね。(例えば、これ: http://coalition.redalliance.info/kill/1365436/)

僕らは、こんなことも考えていた: どこか強力なグループの下に入って、そこで時が来るのを待つんだ。でも、誰もそのオプションは選ばなかった。僕はそれが心から嬉しいんだ。
そういうわけで、僕らは月を確保し、ローミングし、新しく加わったメンバーを教育することになる。覚悟しておいてくれよ。秋はすぐくるからね。

P.S. bomber のパイロット達にお願いだ。なるべく活発に Insmother を守るための行動を取ってくれ。subcap フリートのサポートが付く。ターゲットには困らないはずだ。すべてのタイマーは RF board で見ることができる。

— 送信終わり —

今のところ、RA は再建半ばといったところだ。彼らは夏の終わりまで目立った行動はとらない。彼らのプランでは、Insmother は成り行きに任せ、Scalding Pass で月を確保する作戦を継続する。彼らは、この機会を新しいメンバーの教育、ローミング、敵性ケアベアへの攻撃といったものに費やす。おそらく、彼らは Solar Fleet と結託し、ロシアの同志と一緒にふるさとを取り戻そうとするんじゃないかと思う。強大な RA 再び、というわけだ。今後どうなるかは時がこないとわからない。今のところ、僕らにできることはたた待つことだけだ。

- Jeremiah Hakoke


訳注

  • *1 ここの表現ですが、原文でも “change a diaper(おむつを変える)”です。スラングかなと思って調べてみたのですが、それらしいものを見つけることができませんでした。ですので、ここでは直訳しています。文脈を考えると”気を変えて”という感じと思われます。つまり、今までは Red Alliance の sov に手を出していなかった X.I.X. と DSP が、N3 がサポートしてくれるので、Red Alliance を攻めている、という感じの意味ではないかと思われます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply