THE BATTLE FOR 9UY4-H PART 1
Eve News 24 より – THE BATTLE FOR 9UY4-H PART 1
By flatterpillo | Oct 22nd 2013 4:00PM
(原文はこちら)

陣容

Black Legion. – Tengu
Provi-Block – Sentry ships + Tier 3 BC
Solar Fleet – Eagle
Confederation of xXPizzaXx – Talwar

合計 約 700

Vs.

Insidious Empire – Raven
Pandemic Legion. – Raven
Ex Cinere Scriptor – Brutix
Nulli Secunda – Ishtar
Northern Coalition. – Bomber
The Unthinkables – Talwar
Of Sound Mind/Noir – Bomber

合計 約 600

Vs.

Goonswarm Federation – Munnin
Razor – Talwar
その他の CFC – Bomber

合計 約 250

戦闘

2013年10月19日

それぞれの陣容が決まり、”その夜” はいきなり始まった。Solar Fleet は Black Legion. と協調し、Black Legion. は Providence Bloc と協調しているにも関わらず、Solar Fleet と Providence Bloc の関係は、それぞれが red のままだった。”その夜” は、Solar の Eagle フリートが i-hub にワープし、i-hub と Providence Bloc のサポートフリートを撃ち始めたことによって始まった。双方が損害を出した後、Goonswarm Federation のフリートが de-cloak し、この夜最初の爆撃を行い、かなりの数の Providence Block のサポート艦を沈めた。

Providence Bloc のフリートが戦場からの撤退を余儀なくされた一方で、Insidious Empire と Pandemic Legion. が戦場に到着し、Solar を撃ち始めた。敵が数で圧倒的に上回っていたため、Solar はあっという間に戦場からの撤退を余儀なくされた。その数秒後、Black Legion. が到着した。Black Legion. がランディングする一方で、Inisidious Empire フリートはワープにより戦場から離れ、再度 Black Legion. フリートの下にワープしてきた。彼らのフリートと、Pandemic Legion. のフリートで Black Legion. のフリートを挟み撃ちにするために。Solar のフリートが戦場に戻ってきて、Pandemic Legion. フリートのすぐ後ろにランディングし、戦闘を始めた。Black Legion. と Pandemic Legion. がそれぞれのサポート艦を撃ち合っている一方で、Insidious Empire が Black Legion の Tengu の何隻かを沈めた。Northern Coalition. がその後 de-cloak し、Solar に対して爆撃を行い、何隻かを沈めた。

Solar のフリートが爆撃を受けている一方で、Providence Bloc の主力フリートがランディングし、Sentry drone を展開し、Solar のフリートを撃ち始めた。その時、Providence Bloc に災難が降りかかった。
昨夜、Nulli Secunda の爆撃によって損失を被っている(これがキルメール)わけだから、Providence Bloc は同じ過ちを犯さないと思うだろう? 残念ながらそうじゃなかった。

彼らがランディングしてきた時と同じくらいの早さで、CFC の Bomber によって彼らは殲滅されてしまった。たった一度の爆撃で、CFC は Providence Block の 200 を超えるドローン艦と Logi を葬り(25b ISK)、事実上、”この夜” の戦闘から彼らを排除してしまった。

Providence Bloc の主力フリートの生き残りがワープにより戦場から撤退する一方で、彼らの Tier 3 BC フリートが戦場にワープしてきて、Insidious Empire フリートを撃ち始めた。Black Legion. は、彼らの一時的な仲間が窮地に陥っているのを見て、Order 66(*1) を実行することを決め、Providence Bloc の Tier 3 BC を撃ち始めた。Providence Block の Tier 3 BC フリートは、仲間が自分たちを打ち始めるのを見て、戦場から撤退した。Black Legion. は再度 PL のサポート艦を撃ち始めた。

Solar のフリートが Unthinkable を虐殺する一方で、CFC の非Bomberフリートがランディングしてきて、目についた生き残り達を処刑し始めた。双方ともほぼおなじ数の犠牲を出した後、Providence Bloc の新しいメンバーである Rooks and Kings が姿を見せた。驚くべきことに、彼らは今回、pipebomb(*2) を実行しなかった。その代わりに彼らは通常の爆撃を行い、Pandemic Legion. と Insidious Empire に少々の犠牲を出した。

数分間の小競り合いが続いた後、Providence Bloc の Tier 3 BC フリートが戻ってきて、遠距離から狙撃を始めた。(今度は、Black Legion. から遠く離れた場所から)
Black Legion. と Solar Fleet はターゲットをランディングしてきた Nulli Secunda の Ishtar フリートに変更した。彼らの drone に対する爆撃が成功し、少数の戦友を失い、Ishtar フリートは戦場から撤退した。この時までに、CFC の Bomber フリートは弾薬を補充し終え、戦場に戻ってきて Sharpnel Bomb を Solar のフリートに一斉射し、何隻かの Eagle と pod を沈めた。

Razor フリートが窮地に陥っているのを見ると、Northern Coalition. の Bomber フリートが de-cloak し、おびただしい数の Razor の Talwar を爆風に巻き込むことに成功した。Of Sound Mind と Noir Mercenary Group が de-cloak し、Razor フリートの生き残りに対して爆撃を行った。CFC の大部分はここが引き際だと判断し、戦場から去った。Pandemic Legion も戦場から去ることを決めた。サポート艦無しでは、彼らのミサイルが敵の Tengu に到達する前に、Tengu がワープで退避してしまっていたためだ。
Providence Bloc の Tier 3 BC がまた戻ってきたが、Black Legion. に再度何隻かを沈められ、Providence Bloc は撤退を余儀なくされた。戦闘はその後も続き、Stainwagon の Bomber フリートが de-cloak し、Insidious Empire フリートのど真ん中に Bomb を投下した時、Insidious Empire の攻勢は弱まり始めていた。彼らは Black Legion. と Solar Fleet の挟み撃ちにあっていたためだ。Stainwagon のフリートは何隻かを沈め、フリート全体にダメージを与えた。CFC の一部が戦場に戻ってきた頃、Black Legion. は、今夜はもう十分戦果をあげたと判断し、帰還し始めた。

その後、Nulli Secunda フリートが Solar のフリートに対して優位な位置にワープしてきて、Solar の Scimitar 数隻をすばやく沈めた。Solar のフリートは Logi を失い、すぐさま撤退した。戦場には Nulli Secunda と CFC のフリートだけが残り、交戦を始めた。Nulli Secunda フリートが最後の Sentry drone を爆撃により失い、彼らは戦場からの撤退を余儀なくされ、帰還した。CFC だけが戦場に残り、生き残った敵を掃討し、戦場に残されたルート品を回収した。Providence Bloc の Frigate フリートが、悲惨を極めたこの夜の戦闘から可能な限りのものをサルベージするためにワープしてきた。彼らは、CFC のフリートがそこにいるのを発見し、CFC によって撤退を余儀なくされた。CFC は数分間 loot 品の回収を行い、船のカーゴとキルボードが一杯になったので、帰還するために戦場を後にした。数分後、Providence Bloc の Frigate フリートが戦場に戻ってきてルート品を回収し始めた。その時、reship を終えた Insidious Empire の Brutix フリートがやってきて、Frigate を一つ残らず殲滅するために交戦した。

Providence Block は Sentry drone 搭載の BC/BS フリートを編成し、Insidious Empire と交戦した。数分間に及ぶ戦闘の後、Providence Bloc は残った船を撤退させようと試みたが、バブルに包囲され、全滅した。Insidious Empire だけが戦場に残り、残された loot 品の回収とサルベージを始めた。Providence Bloc の Bomber が何隻かワープしてきて、Insidious Empire の Brutix を何隻か沈め、Insidious Empire を撤退させた。

全体的に楽しい夜だったが、Providence Bloc にとっては痛い損失だったと思う。ERVK-P で数週間前に起きた戦闘と違い、今回の戦闘は、Providence のキーとなるシステムで起きた。このキーとなるシステムを守ることが不可能であるとなったら、彼らは勝利を得るために、どのように戦略を変更するだろう? もしくは、CVA は敵が飽きるまで High Sec に戻り、その後で戻ってきて、以前と同様に再度自分たちの故郷を取り戻すのだろうか?

Black Legion. の視点からのビデオ


訳注

  1. 映画 “スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐” に出てきた Order 66 を指しているものと思われます。ネタバレになるので詳しくは書きませんが、それまで味方だった組織を攻撃する時に発令された命令です。詳細はこちら(映画のネタバレが含まれていますのでご注意を)。
  2. pipebomb の詳細はこちらの記事をご覧ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply