PANDEMIC LEGION DRONE REGION へ撤退
Eve News 24 より – PANDEMIC LEGION WITHDRAWING TO THE DRONE REGIONS
By rcmst | Jan 30th 2014 3:38PM
(原文はこちら)

Pandemic Legion は、 EVE Online 史上最大の損害を出した先日の戦闘以後、南部から撤退を始めている。先日の戦闘で CFC/RUS の手に落ちた彼らの以前のステージングシステムである B-R5RB で、彼らが艦をドック/アンドックしているところが目撃されている。以下の内容は、Darkness of Despair アライアンスのメンバーによって提供されたものだ。

[10:59:16] Ghost Storm: Hi
[10:59:28] Ghost Storm: いったいどうして PL が B-R ステーションへのドッキング権を持っているのさ?
[10:59:39] numismancer: sort, elo, union, zumzat と話したんだけど

[10:59:50] numismancer: pl は N3 との関係を終わらせたいんだってさ

上記の件に加え、PL のメンバーがステーションに閉じ込められたと思われていた彼らの資産をシステムから持ちだしているという報告により、Failheap Challenge のようなフォーラム上で議論が沸き起こった。Sniggerdly の CEO である Grath Telkin は以下の返答によってこの噂を認めた。

僕は味方を犠牲にしたくはないんだ。Vince は大事な友人だ。 彼にとって事態がどう動くかに関わらず、また僕らがどのような連中と対峙ししているのかに関わらず、彼はいつもいてくれたし、常に僕らをサポートしてくれた。
それでも、僕のコープは、僕のコープがだ、1.5 trillion ISK もの損害を被った。僕のアライアンス全体では、およそ 4.5 trillion ISK の損害だ。この数字は実際に唖然とするほどの額で、EVE 内の半数以上のアライアンスの資金の何倍もの大きさで、リカバーするのは容易じゃない。

そして、これが今まさにやらなければならないことだ。
僕のメンバーにこの損害を取り戻すチャンスを与える必要がある。

僕はずいぶん長い間 PL で過ごしてきた。僕らがこれまで成し遂げてきた戦果は、今僕らが直面している損害の大きさに比べれば微々たるものだ。それに加え、BL の連中が頻繁に Drone リージョンにちょっかいを出している。それで、僕は決断し、メンバー全員に伝えた。

このいらいらさせられる状況に対処し、引き返し、メンバーにやるべきことをやってもらい、自分の仕事にとりかかり、Capital フリートを立て直し、それからどこで何が起きているのか状況を見てみることにするよ。

メンバー達が僕の決断を快く思うとは考えていない。個人的に、僕の決断に対する意見なんて僕にとっては何の意味もない。僕にとって大事なのは、今の状況にどう対処し、メンバー全員が何をするべきかとうことと、このアライアンスの将来だ。僕にとっての最善の選択は、僕らの家に帰り、北部で Black Legion. と対峙することだ。

ここからアライアンスがどうリカバーするか以外のことは、僕にとって重要なことじゃない。

さらに、彼は(kuguにて)、今回の撤退の理由は Titan を失ったからじゃないと強調した。

もし君が、今回の決断の背景が、何人かの PL メンバーがゲーム内の全資産を B-R のステーションに閉じ込められてしまったからではなく、Titan の損失にあるんだと思うなら、僕が君のことを大馬鹿者と呼んできたことは正しかったということになるね。

この PL の決定は、Stainwagon/CFC が本気で侵攻を始めたことを考え合わせると、N3 陣営の戦争の行方に深刻な影響をおよぼすと思われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

One Response to “PANDEMIC LEGION DRONE REGION へ撤退”

Leave a Reply