月の味

人間は月の味を覚えると忘れられなくなる。3週間に一回POSをいじくるだけで死ぬほど儲かる。たとえばR64のNeodymiumならどうなるか? 単価 x 1時間あたりの採掘量 x 1日 x 30日 の計算で月の上がりを求めると、

28,000 x 100 x 24 x 30 = 2,016,000,000

3週間ぼーっとして、1本POSをいじくるだけで2bilも入るのである。誰もが戦争をしているが、これのためだ。

われわれはNexus時代に安めのR32であるMercuryを9本掘っていた(らしい)が、月あたりの上がりを計算するとこうなる。

5,900 x 100 x 24 x 30 x 9 = 3,823,200,000

ただし燃料代が一本あたり200M/mくらいかかるので、実際のあがりは2bil程度だったと思う(よく知らない)。

去年の暮れから年明けにかけて行われたSOLAR FLEETとの激しい消耗戦も、やはりこれらの月に対する攻勢だった。我々は撃ったり癒したりしながらがんばった。

現在S2Nからアサインされている月については、Mercuryが一本、Hafniumが一本で、R16に関しては掘り放題である。しかしながらアライアンスに月をもらうのは、領土が変わったり、輸送に手間が掛かったりしてわりと面倒くさい。そういうわけで、Lowsecの月POSを打つことにした。
で、2本ゲットした。
マジで? って感じである。
正直Metropolisに住んでいたころにも月を掘るという目標はあったのだが、とあるSPOSをRFに入れたタイミングでShadow CartelのステージングシステムであるAvenodにNyxが3隻ログインし、萎えに萎えたONI社員たちはFWビーコンへと飛んでいったのだった。

Old Man Starに引っ越すと雰囲気はずいぶん違っていて、ロシア人たちが否応なくタイタンブリッジをかちこんできたりLV5ミッションを決め込んでいたShadow CartelのCVを落とせてしまったりと、ずいぶんとやんちゃな感じだった。
月を撃つのも然りである。
でまあ、いろいろあって二本ゲットした。
そういうわけでONIはなぜかLowsecに経済基盤をゲットしてしまったのである。これはじつに嬉しい。この調子で月をどんどんゲットしていけば、もはや大手に頼ることなく自立していけるのではないか!?(真面目)
まあ、たぶん、そのうちロシア人とかShadow CartelとかSnuff BoxがPOSに飛んできて、綺麗に片付けてくれるであろう。Long Live America.

PS. NACHO ALLIANCE BEST ALLIANCE.

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply