今週のNullsec : 2014/11/11

TheMittani.com – Nullsec Update: 11/11/2014 より
November 11, 2014 By Flatterpillo


「今週のNullsec」は、EVEの無法地帯で起こっているイベントの概要を定期的に届けるための週刊の特集だ。ここでのそれらの内容は100%正確ではないが、可能な限り100%に近づけようとは思っている。以前の「今週のNullsec」は、Halloween Warの間はずっと続いていた。そしてそれが終わった時からNullは停滞期に入り、書くべき出来事もなくなってしまった。そしてPhoebeリリースによる仕様変更に伴い、宇宙の至る所で衝突が見られるようになった。幸運にも、ニュースを届け続けることが出来るというわけさ。もし今何が起こっているのかについて知っているなら、flatterpilloまでメールして欲しい。来週の記事に反映させるよ。

11/3(月)
Northern Associates(NA :N3のレンターアライアンス)はPerrigen FallsEtherium ReachのほとんどをAbsolution Alliance(ABS.A)に譲渡した。ABS.AはTotal Absolution(事実上の第二次White Noise)のレンターだ。これらのリージョンがいくらで売られたのかは不明。N3がこれらのリージョンを手放したということで、SOLARが戻ってくるのを防ぐために、彼らがドローン領域に強力なロシアン勢力を欲したということに疑いの余地はない。
Black Legion.MTO2-2を(一時的ではあるが)占領したため、CFCのCircle-of-Two(CO2)は他のCFCの援助を受け、その日のうちになんとかこれを奪回した。現在このシステムはCO2が押さえているが、BL.にとってドローン領域にあるこのシステムを奪うことは戦略上の理由で絶対に必要なこととなるだろう。

11/4(火)
・PhoebeリリースがTranquilityに適用された。全てのキャピタル艦のジャンプレンジが5光年に縮小されたため、Nullの大部分における軍事行動が影響を受けることとなった。加えて”Pod express*1)“が困難になったことで、多くのアライアンスが所属パイロットに対しジャンプクローンを重要地点に配置するよう要求することとなった。
・独立勢力であるMostly Hammeredが、Etherium Reachの3IK-7Oを奪取した。ステーションを持つこのシステムは、NAからABS.Aへ譲渡される最中だった。このシステムは後にLegion of xXDEATHXx(xXDEATHXx)に包囲され、再度ロシアンの支配下に置かれた。
Oberon IncorporatedRazor Alliance(Razor)を脱退した。Oberon IncorporatedはRazorの中で最も大きなコープの一つで、300人ものパイロットが所属していた。Oberon Incorporatedは、元Razor所属コープThe Graduatesにより設立されたForged of FireというFountainを拠点とするCFC所属アライアンスに参加した。無能な上層部についての一連の噂もあり、Razorは崩壊寸前ではないかと見られている。
Phoebe Freeport Republic(PFR)が、Etherium ReachのWPV-JNの領有権を得た。このシステムはNAからABS.Aへの譲渡中に、ABS.AのTCUが破壊されPFRのものに置き換えられた。奇妙なことに、xXDEATHXxは未だこのシステムを奪取しようとはしていない。

11/5(水)
・N3はGoonswarm Federation(Goons)とGreater Western Co-Prosperity Sphere(PBLRD)から最後の2システムを奪い、南西部の掌握を完了した。これにより、NAの領土はAmarr帝国よりも広くなり、ゲーム内で最大の領土を持つことになった。N3の南部から南西部への移動は、N3内の独立アライアンスにとっては意味がある。しかしN3全体にとっては、南部全体とドローン領域の大半を取り巻く領土での防御が当然ながら非常に薄くなるリスクを伴う。
・Goonsは一時的にQueriousのN-M1A3を奪取した。このシステムはThe Initiative.のレンターアライアンスであるInitiative Associatesからの譲渡の途中だった。GoonsはBomberフリートでオンライン中のTCUを攻撃した。Northern Coalition.(NC.)はその日のうちにキャピタルフリートを送り込みGoonsのTCUを排除した。キャピタル艦がNerfされ、そして領土の仕様が変わるまでの今後数ヶ月の間、CFCとN3の衝突がどのようになるかは興味深いものになるだろう。

11/6(木)
・一時的にWPV-JNの支配権を失った後、PFRは再度このシステムを制圧し、Freighterを投入してI-Hubを設置、なんとか安全に確保した。
Brave Collectiveは数十Bilもの損害を出す激しい戦いの末、Catch南部のU-QVWDを失った。HEROはPandemic Legion(PL)より遥かに数で優っているにもかかわらず、装備・資金力・練度で上回る相手に負け続けた。噂によるとロシアンがPLを雇ったとされ、PLがHEROの領土を攻撃していることと時折Scalding Passのシステムを攻撃していることがこの噂に真実味を持たせている。
Triumvirate.は勢力拡大が続いており、新たに2つのコープを引き入れ、メンバー数を780人から900人に増加させた。NAは1日で12のコープが脱退するなど、縮小が続いている。抜けたメンバー数は750人に登る。ABS.Aはドローン領域からNAを抜けたコープを吸収し、1日で550人もメンバーを増やした。
The Pestilent LegionDetoridにおいて、N3から1つのステーションシステムを含む7つのシステムを受け取った。The Pestilent Legionは元NAコープで構成されており、メンバー数は合計で150程だ。更にKalevala Expanseでは3つのアウトポストを含む8つのシステムがBlack Core AllianceからThe Unthinkablesに譲渡された。Black Core Allianceはこの1ヶ月でメンバーの35%を失っており、新たな方向性を模索していると思われる。
・Scalding Passにおけるロシアンの襲撃が続いており、Fraternity.ARG-3Rを失った。The Initiativeが大規模なBomberフリートを投入したことで、Fraternity.が防衛戦力を整える前にTCUが破壊されたのだ。CurseにおけるThe Initiativeの行動は去就について多くの疑問を残している。今のところ、彼らはCFCの一員ではある。

11/7(金)
The Initiative.Red AllianceDream FleetSurely You’re Joking、そしてThe Gorgon EmpireからなるCurse連合が、Fraternity.Gentlemen’s.ClubCult of WarそしてCaladrius AllianceからなるScalding Pass防衛勢力に対する勝利へ向け、重大な一歩を踏み出した。Surely You’re JokingはScalding PassにてFraternity.からARG-3Rを奪取しようと試みたが、Fraternity.がTCUのオンラインを阻止したため現在まで奪取には至っていない。しかしThe Gorgon Empireは、PL.がHQ-Q1QにあるThe KadeshiのTCUを破壊した機を逃さず、そのシステムを彼ら自身の支配下に置いた。
Ev0KeCloud RingにおいてExecutive Outcomes(EXE.)に対して延々続けていた戦争で、成果を挙げた。Ev0Keは1-3HWZにおいてEXE.の4つのSBUを陥落させ、素早く自分たちのものに置き換えた。CFCはVale of the SilentFountain及び南部のいくつかの出兵先で戦線を展開しており、今後数ヶ月は彼らの征服に幸運が訪れることだろう。
家畜レンターの移動は続いており、636人ものレンターがNAからABS.Aへ移った。ABS.Aは今や1750人に達し、NAは更に10のコープを失い11250人まで減少した。

11/8(土)
・不安定な数日間の後、Scalding PassのARG-3Rは決着が付いた。前夜にThe Initiative.が最善を尽くしたにも関わらず、今朝早くにGentlemen’s.Clubが領有権を確保した。このシステムはCurseとの境界なので、ここの確保は防衛側にとって死活問題だ。Gentlemen’s.Clubの防衛能力は、ここ数日の加速した戦局を戦い抜けないと多くの人に思われていた防衛側の能力にも、同様にプラスの印象を与えた。
・PLのレンター帝国、Brothers of TangraがEtherium ReachのL4X-1Vの支配権を失った。L4X-1VはMolden HeathのLowsecとEtherium Reachを繋げるシステムであり、戦略的に重要な地点となっている。このシステムは、隣に住むPFRの援助を受けたDisturbed Herosによって制圧されている。
・Triumvirate.はVale of the Silentへの攻撃を続け、1日で数Bilに達するキルを取った。The BastionCircle-of-Twoは合計で6000人ものメンバーが所属しているにもかかわらず、900人ほどのTriumvirateに対処することが今のところできていない。CFCの戦力は各地に薄く散らばっているので、P3EN-Eは遅かれ早かれ陥落するだろう。Vale of the SilentはCFCが未だに貸し出ししている唯一の重要なリージョンである。Jitaに近いという価値を考慮すると、長期的に見てTriumvirate.がここに大規模な勢力を展開したり、領有権を取ったりということはあまり考えられない。
・N3とCurseのロシアンが、Wicked Creekのステーションシステム、GRHS-Bで衝突した。N3はTengu、Loki、サポートBomberを投入し、Curse連合はTengu、Ishtar、Dreadnoughtを投入した。第三勢力としてCFCが参戦し140隻のHarpyを投入してN3を攻撃した。戦闘はCurse連合が16Bilの損害を出しながらも25Bilのキルを取る圧勝に終わった。彼らはI-Hubとステーションも奪取し、現在も強固な支配下に置いている。

11/9(日)
Confederation of xXPIZZAXx(Pizza)がHard AllianceからGeminateの3つのシステムを剥ぎとった。これら3つのシステムはどれもステーションを持っていないという点では価値が少ないが、Pizzaのような領土を奪う能力のある小さな組織がxXDEATHXxのような大きな勢力の背後に領土を得たことは戦略的に非常に価値があると言っても大げさではない。xXDEATHXxとその仲間が、たとえ今週末だけでもGeminateに出兵することになれば、今度はCurseのロシアンやその他がドローン領域を突くチャンスを得ることになる。これもPhoebeによる変更のおかげと言える。
・Mostly HammeredがEtherium ReachのO-EUHAを奪取した。このシステムはどういったわけかI-Hubが設置されておらず、Mostly Hammeredは少数のDNでThe KadeshiのTCUを撃つだけという非常に少ない労力でシステムを確保できた。O-EUHAは、4日にMostly Hammeredが奪取しようとした3IK-7Oに接している。彼らが近いうちに再度3IK-7Oを奪取しようとしているかどうかは疑わしいが。


訳注
*1)スキルクローンを他のステーションに移しカプセルで自爆することで、キャラクターだけではあるが擬似的な瞬間移動を行うこと。Phoebe以降、常用することはほぼ不可能になった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

One Response to “今週のNullsec : 2014/11/11”

  1. 匿名, 返信

    翻訳ありがとうございます!

Leave a Reply