[Rhea] The Confessor

公式フォーラム 開発者スレッド – [Rhea] The Confessor より


#1 – CCP Fozzie:

やあみんな! 僕らはようやく、最初のTech3 Tactical Destroyer(戦術駆逐艦)、アマーのConfessor(コンフェッサー)についての公式のスレッドを用意出来たよ。アマー版の戦術駆逐艦が最初にリリースされるのは、先日のスリーパーコンポーネントに関するゲーム内イベントで、アマー支持者が勝利したからだ。次の戦術駆逐艦はミンマター共和国からリリースされる予定だよ。

この船の主な特徴は、航行中に3つの異なるモードに変形できる能力だ。それぞれのモードは劇的なボーナスを備えている。これが、Tech3に分類される多機能性への新しいアプローチの象徴だ。
船のHUD(Head Up Display:いわゆる操作盤)の隣に新しく据え付けられるボタンによって、モードを切り替えることができる。それにホットキーを設定することもできる。デフォルトのホットキー設定は「Shift+1,2,3」にする予定だよ。

各モードの特徴は以下のとおり。
Defense Mode(防御モード):アーマーレジストとシグネチャ半径のボーナスを持つ。
Propulsion Mode(推進モード):最高速度と加速性を改善する。
Sharpshooter Mode(狙撃モード):レーザーの最適射程を伸ばし、船のセンサーの性能を全面的に向上させる。

戦術駆逐艦はサブシステムを使わない。船の破壊によるスキルロスもない。

コンフェッサーには、新たな倍率3のスキル「Amarr Tactical Destroyer(アマー戦術駆逐艦)」が必要となる。これの前提スキルは、アマー駆逐艦レベル5だけだ。

戦術駆逐艦は、ワープ妨害駆逐艦が通れる全てのアクセラレーションゲートを通れるようになる。これにはFWの小型サイトも含まれる。もしそれらを規制する必要があると判断したら(例えば、全てのFW小型施設をそれらが完全に占拠したとか)、必要に応じて調整すると思うよ。

戦術駆逐艦自体は、ワームホールで採取できる素材と、スリーパーサイトの遺棄されたタロカン船から手に入る「Small Hull Section relic(小型船体部遺物)」から発明したBPCを使うなど、戦略巡洋艦と同じような行程で製造される。
僕らは、それの価格は最終的に40m ISKくらいになると予想している。もちろん現時点での予測は不正確だし、最初はもっと高い値段になると思っていい。

この新しい船の実装と同時に、パルスレーザーとスコーチレンズ、及び小型ビームレーザーにもいくつか微調整を入れる予定だよ。

Confessor:コンフェッサー

アマー戦術駆逐艦スキルボーナス:
・小型レーザータレットのダメージ +10%/Lv
・小型レーザータレットのキャパシタ消費 -10%/Lv
・オーバーロード時にモジュールが受ける熱ダメージ -5%/Lv

艦種ボーナス:
・スキャンプローブランチャーのCPU使用量 -95%

・アクティブになっているモードに応じ追加のボーナスが有効になる。モード変更は10秒間に2回以上行なえない。

防御モード:
・全てのアーマーレジスタンス +33.3%
・船のシグネチャ半径 -33.3%

推進モード:
・船の最高速度 +66.6%
・船の慣性修正乗数 -33.3%

狙撃モード:
・小型レーザータレットの最適射程距離 +66.6%
・船のセンサー強度、最大ターゲット距離及びスキャン解像度 +100%

スロットレイアウト: 7H/3M/5L, 6タレット / 0ランチャー, 3リグ(Small) / 400キャリブレーション
フィッティング: 80PG / 190CPU
防衛 (シールド / アーマー / ストラクチャ) : 600 / 800 / 750
基本シールドレジスト (EM/Therm/Kin/Exp) : 0 / 20 / 55 / 75
基本アーマーレジスト (EM/Therm/Kin/Exp) : 50 / 35 / 43.75 / 60
キャパシタ (容量 / リチャージ時間 / 平均キャパシタ回復速度) : 800GJ / 300s / 2.667GJ/s
推進力 (最高速度 / 慣性修正乗数 / 質量 / ワープ速度 / 軸合わせ時間): 280m/s / 2.15 / 2,400,000 / 4.5AU/s / 7.15s
ドローン (帯域幅 / 収容量): 0 / 0
ターゲティング (最大ターゲット範囲 / スキャン分解能 / 最大照準設定数): 45km / 350 / 7
センサー強度: 13 電波
シグネチャ半径: 60
カーゴ容積 : 400


#3 – CCP Fozzie:

Omega Crendraven:
カルダリのT3駆逐艦はいつ見られるんだい?

カルダリは3番目で、ミンマターの次。最後がガレンテだよ。


#6 – CCP Fozzie:

(略)

Akrasjel Lanate:
1リリースごとに1隻なのかい?

コンフェッサー以外の戦術駆逐艦の日程はまだ言えないよ。


#7 – Asayanami Dei(CSM):

(略)

Sisiだと、HUDのモード変更ボタンはこんな感じになってるよ。
RFKlWka


#54 – CCP Fozzie:

(略)

モード変更後は、モジュールのリアクション遅延と同様のアニメーションが表示される。Sisiにはまだ反映されてないけど、実装作業中だよ。



要約ですが、別スレッドで述べられているRhea実装で同時に行われるパルスレーザー及び小型ビームレーザーへの変更点もまとめておきます。

パルスレーザーの変更点
・全てのパルスレーザータレットの最適射程距離が5%増加
・全てのパルスレーザータレットの精度低下範囲が増加(詳細は下記)
・スコーチレンズの最適射程距離ボーナスが50%から40%に減少(結果として、最適射程距離が2%短縮)

精度低下範囲の増加率:
Small Focused Pulses, Heavy Pulses, Mega Pulses: +25%
Dual Light Pulses, Focused Medium Pulses, Dual Heavy Pulses: +33.3%
Gatling Pulses, Giga Pulses: +100%

小型ビームレーザーの変更点
・単発ダメージが50%増加
・発射間隔が25%増加(上と合わせ、DPSは20%増加)
・キャパシタ消費量が25%増加(時間あたりのキャパシタ消費は変わらず)
・トラッキング速度が10%減少
・最適射程距離が10%増加
・精度低下範囲が短縮:Dual Light Beamsは-33.3%、Small Focused Beamsは-37.5%
・CPU使用量が減少:Dual Light Beamsは-17%、Small Focused Beamsは-5%

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply