Rhea 1.0 パッチノート(要約)

公式パッチノートより

主な変更点のみ抜粋していきます。


調整
・ホームステーション変更の手数料を、5,000ISKから100,000ISKに値上げ

コープとアライアンス
・プレイヤーコープ内で「人事担当者」権限を持っているプレイヤーが、NPCコープ所属プレイヤーに対して直接招待を送れるようになった。
 既存の入社プロセスは依然有効。今後はそれに加え、
 1.人事担当者がプレイヤーに招待を送る
 2.招待を受けたプレイヤーがそれを受諾する
 3.入社完了
 という新しいプロセスが追加で有効になる。

・キャラクターが入港状態あるいはカプセル状態でなければ、入社/退社が出来ないようになった。

探索
・スキャナーがUnidentified Sitesを探知するようになった。

Standard Sleeper Cache Site実装。

・ハッキング画面に距離計測器を追加。ノードクリック時に、そこから一番近い位置にあるアイテムやコアなどまでの距離が表示される。

ゲームシステム
101のShattered Wormholeを追加。

・キーボードによる操船を追加。現在ベータ版であり、デフォルトでは無効状態。Escメニューのショートカットの設定「Navigation:航行技術」からキーを割り当てて有効化する。

・ポッドキルに伴うスキルロストとスキルクローングレードシステムが廃止された。ただしT3CLのシップロストに伴うスキル低下については変更なし。

・Ship Maintenance Bay(SMB:艦船修理場)を備えている船が撃沈された時に、それが格納していた組み立て済みの船が残骸の中に燃え残るようになった。

グラフィック
・オニキス、イーグル、インカーサス、エンヨ、イシュカー、ブラックバード、ルーク、ファルコンの船体モデルを更新。

・T3CLを除くすべての船とタレット/ランチャーに対してPhysical Based Rendering(PBR)を適用。

ローカライゼーション
・新コンテンツに対応しているのはドイツ語、フランス語、ロシア語。

モジュール
パルスレーザー及び小型ビームレーザーの性能を調整

ミッションとNPC
・新しいスリーパードローン、Circadian Seekerを追加。これは既知領域を徘徊する。また、これは改良されたAIを搭載しており、様々な行動を起こす。

ニューエデンストア
・4種の新しいDNのスキンを追加:サルム仕様リベレーション、裁判官仕様ナグルファー、ウィルコミ仕様フェニックス、インターバス仕様モロス

艦船
ORE社仕様フレイター、Bowheadを追加。

アマー戦術駆逐艦、Confessorを追加。

スキル
・Bowhead用スキル:ORE Freighterを追加。

・Confessor用スキル:Amarr Tactical Destroyerを追加。

インターフェイス
・ユーザーインターフェイスを全面的に改装。
 ・ウィンドウの透明度を設定するスライダーをEscメニューに追加
 ・カラースライダーを撤去し、プリセットカラーテーマに置き換え
 ・「乗っている船に合わせてカラーテーマを変える」設定が可能になった。デフォルトでは無効。
 ・Neocom及びウィンドウのアイコンを全面的に更新。

・新しい3Dマップを追加。ベータ版。

・キルレポートと契約を通知システムに追加

・ドローンベイに格納しているドローンもHPが表示されるようになった。

・アイテムを格納しているアイテム(SMB内の艦船にFitされたMOD、カーゴホールド内のカーゴコンテナ内のアイテムなど)が、キルレポート内で階層表示されるようになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2 Responses to “Rhea 1.0 パッチノート(要約)”

  1. 匿名, 返信

    有難うございます。
    ホント助かりますm(__)m

  2. 匿名, 返信

    EVE-Jが無くなったので此処にたどり着きました。
    これからも出来ればお願いします。
    あ り が と う

Leave a Reply