帰郷

違ぇな……。

 

久々に真面目な話をする。
唐突にHeildを離れてOni社コント部のもうひとつの支部であるPassariへ移住した。主立った理由はふたつあり、ひとつはFrig 1v1の戦闘があらかた理解できてしまったこと(横柄)と、単純にもっとkillが欲しかったという色気とである。おれは弟子であるStepkunにすべてをおしつける形でPassariへと移住し、船の準備を進めた。(SFI赤福スペシャル、ハリーポッター五号、「タックラーのやつじゃん!」、ている君等々。どれもいい船である。)新天地PassariはNoobの巣窟であって、時たまいかしたGoonのにいちゃんが遊んでいるほかはMissionや堀をやりにくる愚昧な輩どもしかいない。また某社との共同戦線もあるので味方には事欠かない。ミッション船を特定しポイントするまでの一連の作業のスピード感はたまらないものがある。t1船でishkarとやりあう快感などひとしおである。
しかし何かが違うのである。
何かが決定的に違ってしまっているのだ。

それは目標とする船がWebifierを装備していないという一点に集約されるのかもしれない……よしんばしていたところで、「味方が到着するまでただ耐えればいい」という発想に慣れることができなかった俺自身の問題なのかもしれない。おれはこの一週間で40killという大きな成果を上げた。しかしその内実はサイノ船のpopと、Mission船の特定であり、気合いの入った「PvPer」との戦いではなかった。それは戦いではなく「海賊」であり、結局のところおれは「海賊」ではなく「PvPer」だったのかもしれない。

 

ということでHeildに帰った。Stepkun以下二名はあたたかく俺を迎えてくれ、外人たちは景気のいい煽りを飛ばしてくれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply