戦争と平和

 

戦争における極端な例

 

 

トルストイ翁の名著(もちろん未読だバカヤロー)にタイトルを借りた今回の記事は戦争特集!になるかと思いきや、正直言っていまリアルタイムで日本がやってる領土問題よりもっとセンシティヴで可塑的なのが0.0のイス取りゲームならぬ太陽系取りゲームである。たぶんこれを書いた翌日には戦況は変化している。なんとも記者泣かせである。eve24などを各人で参照していただくしかない。

Nullの生活はまあ、まあである。新しいことだらけでひとつひとつはわけがわからないが総体としては楽しい。AnomalyとかDEDとかrattingとかで稼げる金が素晴らしいので船一隻に対する愛着みたいなものは自然と消し飛ぶ。日本が誇る匠pvperのひとりであるNanachin氏に、「ROLLさん最近目が死んでるよ」と言われ一週間くらいrattingしかしていなかったことに気づいたROLLSTONEは、パンパンにふくれあがった財布でCynabal、Mael等わけのわからない船を購入しまくったのであった。
また、Home systemでDEDを探索していた際に発見したワームホールがPassariくせぇという話題になり、実際に抜けてみたら本当にPassariです、ありがとうございました。というわけで搬入したSFIアカフクスペシャルをGWまで持って行き、Nanachin氏と組んでフリート戦をやってみたり、落としてみたり、などなど。あとはONI社メンバーに声をかけてローミングまがいなことをしてみたり、お客さんの相手をしてみたり、などなど。
そういうまともな話題ばっかりなので、笑わせ隊なおれとしては書きどころがあまりなく、更新をサボっていたのはそのためである。すげぇ高いモジュール出た! とか宝船殺した!とかそういうのはまあ、ねえ、まあうらやましいとは思うだろうけどべつに笑えないしね。
で、笑いを求めてHeildにちょっと戻ってみた。求めているものが笑いっていうのもおかしいが。
現在heildに在中している人間といえばロシアンとGunpoint diplomacyから分派したフリート大好き太郎たちなのでPvPerの出る幕はない。スキを伺って出るとこういう感じになる。

http://oniindustry.killmail.org/?a=kill_detail&kll_id=15011234

http://oniindustry.killmail.org/?a=kill_detail&kll_id=15011674

いよいよ本当にHeildに見切りをつけなくてはならなくなってきたというのが実情である。全部ロシアンのせいである。自殺者よりウォッカの飲み過ぎで街路で寝てしまい凍死する者の数のほうが多いという修羅の国、ロシアである。1v1?と誘われ勇んで突撃したらDrakeが3隻待ち構えていたという狂った国である。ロシア領ではこういうことも許されるのだ。社会主義怖ええ。
というわけで一番笑える話がNullではなくHeildでの話という、Nullに住んでいる意味があまりよくわからない平時である。戦争とか、フリート戦とか、楽しいんだけど笑うってかんじじゃないんだよな~。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply