Operation SBU Bash

初めまして。ONI Industry Security所属のgantzです。

初心者の視点から見るEVEの世界を連々と気の向くままに綴ろうと思います。

日記の為少し古いネタとなりますが、ご容赦ください。あと長いです。

12/11/16,17 ONI社拠点にて

今日はDT明けにSBU(Sovereignty Blockade Unit:領土を獲得する為の旗みたいなもん、たぶん)撃ちを始めると聞いていたのでログインした後はSBU撃ちのFleetに参加。
SBU撃ちが始まるまでNavitasと採掘関連Modを購入。掘りOPの時はこれで参加しよう、と考える。
Frigでnull掘りできるのかどうかは知らない。Navitasは初めて間もない頃の相棒なのですごく愛着がある。

Navitasを眺めつつ、マーケットを眺めつつ今後の活動予定などを大雑把にたてつつ柿の種をたべつつフリートの活動開始を待つが、一向に始まる様子がない。
・・・まさか、と嫌な予感がしてすぐDockout。手近な方に飛んでいくと案の定SBU撃ちは既に始まっていて、自分が遅刻したことを知る。
慌てて自分も撃ち始める。遅れたとはいえこちらはKAMIKAZEの神Talosである。DPSは自分の未熟なスキルでも700を超えている。
まさかリロード後の再砲撃を忘れるなんて真似するはずがない。大丈夫だ、問題ない。

しばらく経ったあと、ふと気づく。タレットが働いていない。やらかしてしまったが、何事もなかったかのように砲撃開始していかにも「僕ずっと撃ってましたよ?」な風を装う。完璧である。誰にも気づかれてはいないだろう。

時間はかかったが敵勢力からの主だった妨害も入らず1基目を撃破。2基目に向かう。
しかし、ここで敵勢力もちらほらとインし始めたらしく拠点周辺での敵性発見の報告が流れるようになる。
一時の現地に住む地球教総帥(?)との心あたたまる触れ合いもそこそこに、ONI社は戦闘態勢に入る。その血に飢える様はまさに海賊のそれと見分けがつかなかった。

結局、戦闘は起きなかったが、この前のMaleStromの戦闘で失態を犯している自分は気が気でなかった。
今回はWebiの範囲に自分から突っ込み。挙句の果てに特攻を始めるという冷静になったらすぐわかる馬鹿な真似はしなかったが、自分のことだから多分またやらかすだろう。
2基目も撃破し、SBU攻略は終わりとなった。次は2日後らしい。それまでにOracleに乗れるな、と安い計算をした自分は懐かしのHisecへ帰るのであった。

(余談だが、次のSBU撃ちにOracleは間に合わなかった。仕方がないのでフリゲートで撃っていたが、虚しくなった。Talos?撃破されましたよ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply