焦らずに対処すれば問題ない!

Time:EST.2012.12.08.1055
Location:G-QTSD ZZ5X-M Gate
Situation:Gate Camp

DTまで残り10分という時間帯にHurricaneに乗り拠点に向かう航路を設定し移動を開始。
Rattingしていた仲間からHaular(Mineralを落としてくれます)が現れたと報告があり急行する。周辺のSystemは良くバブルが置いてあり厄介だ。そう思っていると、案の定、経路途中のGateにバブルが展開されている。GateからGateに直接飛ぶと引っかかるように設置されているようだ。そしてLocalには何時もSabre(Minmatar Interdictor)に乗っているところを良く見かけるpetroaがThorax(Gallente Cruiser)に乗ってStick(Gateに密接して直ぐにJump出来るようになっている状態)していた。こいつは何か向こう側に居るのかもしれない、何故なら、あいつは基本的に何時も複数人で行動している。petroaがJumpするのを待ち、その間にTurretをOver Load状態にして何時でも最大火力を出せる体制にしてDroneも展開できるようにする。

そうしているとpetroaが隣のシステムにJumpした。ここで、こちらもGateにStickして少し間様子を見る。そうしているとpetroaが仲間を連れてJump Backしてくる。やはり援軍が居たか!編成はArbitorator*1、Thorax*2、他不明*2じっくり見ている余裕はなかったが、あまりDPSは高くない編成だ。ここで焦って直ぐにJumpしてはいけない。何故なら相手のうち誰かがJumpして向かい側のSystemで捕まる可能性が有るからだ。相手全員から攻撃をしてきたことを確認してJumpすれば相手は直ぐにGateを使って追撃を仕掛けることが出来ない。相手もDTが迫っていて時間が無いのが分っているのか全員が直ぐに攻撃をしてきた。これで心置きなくGateを使って逃げることが出来る。そして無事に拠点に帰還することができた。

DT明けごろにScout Channelにpetroa一味の報告が上がってくる。どうやらまだGate Campを続けているようだ。こちらも人数が居るし返り討ちにしようという流れになる。ちょっとしたPatrolだ、メンバーの一人にBait(囮)をしてもらい喰い付くのを待つ。ほどなく喰い付いたようだが、艦隊が到着した時にはArbitorator(Amarr Cruiser)一隻が捕まっているだけだった。仕方が無いので哀れなArbitoratorを撃沈してPatrol終了。

損害0撃沈1という戦果を挙げることができた。

http://oniindustry.killmail.org/?a=kill_detail&kll_id=15431309

 

全く関係ないが画像が無いのもさびしいのでJB後出現する時の画像を紹介。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply