ONI Industryが掲げる4つの事実

1. コンテンツはユーザが作る。

EVE onlineというゲームは、通常のMMOとことなり、運営会社であるCCPからユーザ向けにコンテンツが提供されることはあまりありません。ミッション、インカージョンはクリアするとISKとLPがNPCから直接ユーザに振り込まれますが、それ以外のコンテンツ、PvP、探検、工業、Wormhole内でのサイト攻略、月資源堀などなど、現金化するには必ずユーザの手を解さねばなりません。なぜならば、それらは資源という形でユーザに提供されるからです。効率よい資源の収集、効率のよいISK変換の追求、そしてそれはユーザ同士の利害関係の一致による人の集団化を促し、企業が生まれ、ときには巨大な企業複合体 – アライアンスが生まれます。
しかしながら、資源には限りがあり、資源をめぐってユーザ同士の戦闘が起きる非常に暴力的なゲームといえるでしょう。そこにはユーザ対ユーザの戦いがあり、ドラマがあり、まさにユーザがコンテンツを作っていると言えるでしょう。

2. 善行でも悪事でもなんでもありで楽しめる。

EVE onlineというゲームは、リアル社会ではありません。盗み、殺人、裏切り、詐欺、騙し、なんでもできます。倫理?そんなものはありません。そんなことを一つのコンテンツとして楽しむこともよいでしょう。LOWSecにジャンプインしてきた輸送艦を殺すも生かすもあなた次第。たまには悪事に手を染めてみましょう。

3. コミュニケーションは国境を超える。

EVE onlineというゲームの大半は海外プレイヤーです。彼らとのコミュニケーションなしにEVE onlineを楽しんでいるとは言えないでしょう。「Fly safe here?」、「1v1 plz give me 1min」、「anyone here?」。片言の英語でも彼らの言っていることはわかります。名も知らぬ海外のプレイヤーとの刹那のコミュニケーションを楽しむことは、後々大きなつながりとなるかもしれません。彼らとの会話はEVE世界での生活をより充実したものとさせることができるでしょう。

4. 遅いより速いほうがいい。

状況は刹那のうちに変わります。アップデート直後の船の値段が190Mしたものが数時間後には70Mまで下がった、などざらにあります。商機をつかむことはトレーダー、生産者にとって非常に重要です。PvPにおいては言うまでもなく刹那の判断がFleetを勝利に導くか、敗北へ導くかが決定します。会社経営も迅速な判断をしていくことが重要です。

 

ONI Industryが掲げる2つの理念

革新 : 常に新しいことへ挑戦していく。

創造 : 自らコンテンツを生み出していく。

革新と創造は、ONI Industryの重要な理念です。

組織は常に流動的で川の流れのごとくであり、風に吹かれる柳の枝のようにしなやかでなくてはなりません。新鮮な組織を維持していくためにONI Industryは努力を惜しみません。自らも成長し、次代を担うプレイヤーの成長を促す仕組みを構築し、主体的な行動によりEVE onlineというゲームを遊び尽くします。

必要十分なコミュニケーションの場を設け、メンバーが一丸となって取り組むことで、一人ひとりの行動が企業を強固なものにしていく「Team ONI」。MMOならではの醍醐味をともに楽しんでいくことを忘れません。